FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

今月は恐竜のイベントが目白押しだった。


特に映画は、本当に素晴らしくて、涙が止まらなかった。

今こうしている間も、興奮気味で文字を打つ手が震えて仕方ない。





上の画像は、この夏に手に入れた宝物の一部であります。


どれもこだわりが細部にまで宿り渡り、熱い想いや情熱が惜しみなく詰め込まれた
何十回、何百回と読み込み、鑑賞し尽くしたい芸術品です。


画像の一番手前の書籍は、先日行われた恐竜のトークイベントに参加した際に購入したものです。

自分にとって、とても印象深いイベントだったので、このまま少し紹介させていただこうと思います。


出演なさっていたのは、恐竜くん(田中真士さん) と、恐竜好きで知られる芸人さんザ・ギース尾関高文さん、
そしてゲストに「特攻の拓」や、自身の愛読書「DINO2(ディノディノ)」の著者、漫画家の所十三先生と、
「恐竜ギフト」でデビューされた小説家の井上綾子先生。

「恐竜くん」こと、田中さんは、古生物をはじめ、現生生物や自然科学など、広い知識をお持ちの方で、
年齢を問わず多くの人に「恐竜」を通してさまざまなことに興味を持ってもらえるような「きっかけづくり」をテーマに、
トークショーや体験教室の開催、恐竜展の企画、監修など、全国で幅広く活動なさっているそうです。

イラストの制作もなさっており、そのオールマイティさに舌を巻いた。
いきいきと描かれた表紙の恐竜たちも田中さんの作品です。
(本文には所先生の恐竜イラストがふんだんに掲載されております。非常に豪華です。)

出演者さんやゲストの方々の絶妙な掛け合いは本当に面白く、
核心に触れない範囲での映画の見どころ、恐竜の豆知識、最新の研究成果についてのお話や、
あまり知られていない深い話もとても解りやすく丁寧に解説してくださり、
恐竜や生き物の新たな魅力を知り、ますます好きになった。

集まったお客さんも皆恐竜ファンの方々で
2、3時間ほどのイベントだったが、会場の雰囲気やトークショーが楽し過ぎて、
本当にもっとずっとお話聴いていたかったのだけど、時間が過ぎるのがあっという間でした。


イベントの終わりに、「恐竜くん」と所先生にサインを頂くことができた。

その際、「恐竜くん」(なんだか畏れ多いから、「恐竜様」とか、「恐竜殿」とお呼びしたいくらいだ)は
さらさらと10秒くらいでティラノサウルスの頭部を描き上げておしまいになったので、驚いた。

先生方と対峙した際、質問や楽しいイベントのお礼など、
喉の奥がつかえて出てこなかったのは、想定内とは言え、悔しかった。
「これお願いします」が精一杯だった。

優しい笑顔で「ありがとうございます」と書籍を手渡され、有り難くて泣きそうになった。

こちらこそ、本当にどうもありがとうございました。

映画を観に行く前にこの貴重なトークイベントへ参加出来て、本当に幸運でした。


loft_convert_20150828002344.jpg


初めてのことだったけれど、今回の参加で、専門家や有識者の方々のお話を近くで伺ったり、
直接お会いできることが、どんなに有意義な経験かを実感した。




まだまだ書き足りないけれど、これ以上の落ち着きの無い文章や失言は
諸先生方のイメージを崩しかねないので、この辺りで失礼致します。



お付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。



季節の移り変わりが五感ではっきりとわかるような、八月も終わりの今日、
なんだか名残惜しい気分になります。

どうぞお身体にお気をつけて、
まだまだ楽しい思い出たくさんの夏を過ごせますように。
プロフィール

一途

Author:一途
ロマンチスト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。